GSC Tokyo
スタートアップチャレンジ
キャンプ 2015

2015年3月15日(日) - 18日(水)

2015年3月、プロジェクトの第2段として、スタートアップチャレンジキャンプ2015を開催いたしました。本プログラムには、日本全国から60名の参加応募があり、そのうち、選考によって選ばれた14名を3泊4日の合宿プログラムに招待いたしました。このプログラムは、高校生、大学生が、シェイパーを初めとする各界のリーダーからのインプットを得て、教育またはITの分野で、実際に事業やプロジェクトの立ち上げる足がかりを作る目的で開催いたしました。

参加者は、4日間のアウトプットとして、教育またはITの分野において、雇用10名・年間売上1億円規模を目標とした新規事業やプロジェクトを立ち上げるための計画書の作成に取り組みました。また、計画書の作成だけが本プログラムの目的ではなく、その過程で解決しなければならない課題を見つけ出すこと、その解決に取り組むことも、参加者にとって重要な経験と位置づけ、講師やメンターは、チームづくりのノウハウや、起業家としての心構えなど、豊富な経験からの様々な学びを参加者に提供いたしました。

イントロダクション

オープニングセッション

「CSRからCSVへ」
ー社会で必要とされる企業であり続けるためにー
4日間のプログラムに先立ち、事業のサスティナビリティ(持続可能性)をグローバルで追求しているザ コカ・コーラ カンパニーを代表して、日本コカ・コーラ株式会社のChuk Besher氏から、学生たちに対して、ビジネスプラン作成に向けたアドバイスと激励のメッセージをいただきました

チームビルディングセッション(1)

「スポーツアクティビティ」
アイスブレイクとチームビルディングを目的として、綱引きやリレーなど身体を動かすアクティビティを行いました。参加者はこのアクティビティを通して、相互理解を深め、最終日のプレゼンテーションに向けてチームを組む仲間を探すきっかけを掴みました。

チームビルディングセッション(2)

「事業成長のための”チーム”の重要性」
スタートアップフェーズにおけるチームビルディングの重要性、大企業のセクションにおけるチームコントロールの方法など、「事業とチーム」という観点から、リーダーに語っていただきました。

「会社とは、事業とは」ー経営者が身につけるべきことー
これから起業あるいはプロジェクト立ち上げを志す参加者たちに対して、その成功に向けて考えなければならないこと、身に付けなければならない資質などについて、経営学、商学、法学的な視点から、株式会社光通信の奥井 大氏にレクチャーいただきました。

ワークショップ 新規教育事業立ち上げケーススタディ

「教育市場の現状分析」(インプット)
プログラム2日目は、株式会社ベネッセホールディングスの全面的な協力をいただき、「ベネッセ社における新規教育事業立ち上げ」をモデルとしたケーススタディに取り組みました。2014年から「地域の学びの相談窓口」として展開されている「エリアベネッセ」のフラッグシップ店舗・エリアベネッセ青山を会場としてご提供いただき、まずは教育市場を取り巻く環境など現状について、株式会社ベネッセコーポレーションの平山恭子氏からレクチャーいただきました。

グループワーク(ビジネスプランの考案)
平山氏のレクチャーを受け、参加者たちは、自ら選んだチームメンバーとともに、教育市場の更なる分析、課題の設定、競合分析、収益化モデルの構築、プレゼンテーションの作成など、ビジネスプランの発表に向けたグループワークに取り組みました。シェイパーはメンターとして各チームを周り、アドバイスを行いました。

「ベネッセ社における新規教育事業立ち上げ」(提案のグループ発表)
アウトプットとして、ベネッセ社から4名の方々を評議員としてお迎えし、提案をグループ発表しました。

ワークショップ ビジネスプラン作成

ビジネスプラン作成(提案のグループ発表)
参加者は、ベネッセ社に提供いただいたケーススタディをもとに、個々のビジネスプランの作成に取り組みました。ビジネスプランの作成にあたり、個人ワークかグループワークを参加者が自由に選択できるようにし、もともと自信が構想していたビジネスプランを深めていくパターンと、今回新しい仲間と出会いチームを組み、新しいビジネスプランを作成するパターンに分かれています。

クロージングセッション

プレゼンテーション審査会
参加者が4日間のアウトプットとしてビジネスプランのプレゼンテーションを行い、シェイパーズやゲストメンターなど5名の審査員により、ネクストステップのインキュベーションプログラムに進出する個人/グループを選出しました。次の3チームのビジネス案がネクストステップに進出することになりました。

審査結果

  • 国内消費量 1 億円を誇る岡山のジーンズの製造工場と消費者をつなぐ
    クラウドファンディング型 EC サイト「every denim」
  • スイーツを通して人々の健康増進に貢献
  • ボーダレスなプログラミング学習の開発・提供

参加者の声

小山優輝さん(大阪府立箕面高等学校2年)

2014年12月に参加したオープンフォーラム後から、次第に何か社会に影響力のある事業を起こしてみたいと思うようになり、このプログラムを通して、自分の次の1年間の現実的な目標を作ることができました。今後は、進めている事業の法人化及び収益化を進め、また、将来的には自分の経験をより多くの人々とシェアできるようになればと思っています。

池田貴哉さん(長崎大学4年)

人生の夢、目標や自分のやるべきこと、どのように生きていくかについて考える良い機会となり、世の中を大きく変えるためには、起業だけではなく、他の様々な選択肢もあることを再確認できました。様々な方のサポートを受けながら取り組んだ今回のキャンプは、私の大学生活の中でも非常に濃い4日間でした。

記録映像

マネジメントチーム

グローバルシェイパーズ・東京ハブ

IT事業育成担当
梅澤 亮
ヘイロー株式会社 代表取締役社長
ジェイ・シード株式会社 執行役員

プレゼン指導担当
神山 まりあ
G.M. IMAGE CONSULTING 代表

佐藤 滉
Re-Generate Japan 運営チーム事務局

教育事業育成担当
松田 悠介
認定NPO法人 Teach For Japan CEO
兼 代表理事

メンター

ゲスト

Alan Swarts 氏
ブレイカー株式会社 共同設立者/代表取締役

井上 友綱 氏
株式会社THE CAMP 代表取締役

奥井 大 氏
株式会社光通信 社長室 経営企画室長

尾下 順治 氏
アクセルマーク株式会社 代表取締役社長

Chuk Besher 氏
日本コカ・コーラ株式会社
広報・パブリックアフェアーズ本部統括部長

西村 大樹 氏
株式会社ガプスモバイル 代表取締役社長

平山 恭子 氏
株式会社ベネッセコーポレーション
教育事業本部 事業開発・研究開発チームリーダー/
一般社団法人 Future Sills Project研究会 事務局長

森山 和彦 氏
株式会社CRAZY 代表取締役社長

吉羽 一高 氏
株式会社電通ブルー 代表取締役社長

メディア掲載